ホームページ リニューアルしました!

2007年より始まりました「電気錠.COM」を、この度 ブログ形式によるWEBサイトに
リニューアル致しました。

今までの外注WEB業者さん製の「見た目重視」より、お手製で多少見にくくても
実用的な内容重視」にコンセプトを変更しました。

今後の展開として、廃番商品や改修工事向け商品の紹介を増やしていく予定です。

これからも電気錠.COMをよろしくお願い申し上げます。

【廃】MIWA TK-002 ランダムテンキーシステム

廃番商品1回線用集合住宅向け事務所・店舗向け医療・福祉施設向け

ランダムテンキーシステムTK-002

使うたびに数字の位置が変わるテンキーです。正しい暗証番号を入力すると、電気錠を解錠します。(Aモードタイプ)

■使うたびに数字の位置が変わるランダムテンキーシステムです。特定の数字の表面だけが変色・摩耗することはありません。

■コントロール部の操作ボタンで、電気錠を遠隔所から制御できます。またランプ表示で施解錠および扉の開閉状態を確認できます。

■制御する電気錠は、AMT(A)、ALT(A)または電気ストライクASTです。

■電気錠を直接制御できますので電気錠制御盤等は必要ありません。

■機能はビル通用口等に最適なAモードです。

■操作表示器SSP-C1D型を接続して電気錠を遠隔所から操作し、施解錠および扉の開閉状態の確認ができます。操作表示器は最大2台接続できます。

■登録した暗証番号は必要に応じて変更できます。

■停電時でも暗証番号は消えることはありません。

■間違った暗証番号を4回続けて入力するか、または扉を60秒以上開けたままにすると警報を発します。

■インターホンやタイマーなどの外部入力(無電圧A接点)により電気錠を解錠できます。

■JEM-A端子を備えていますのでHAシステムとの接続が容易にできます。

■暗証番号確認時に無電圧A接点を出力することができるので、自動扉等の機器と接続して制御することができます。

■市販のスイッチボックスに取付けられます。コントロール部は4個用スイッチボックスカバー付を縦(ビス穴左右)にして、テンキー操作部は2個用スイッチボックス深型を縦(ビス穴左右)にして取付けられます。

(注1)テンキー操作部は直接雨のかからない軒下等に設置して下さい。直接雨のかかる場所には雨よけを設けて下さい。

(注2)コントロール部は屋内仕様なので雨水等の水滴がかからない場所でご使用下さい。





こちらの商品は廃番となっております。
後継機種は「TKU-002」です。

テンキー操作器、コントロール部のいずれかが故障した場合はセットでの取替となります。

※取替の際には別途電気錠制御盤が必要となります。またコントロール部の穴隠しも考慮に入れる必要があります。


問い合わせフォームへ


電気錠の運用モードについて

メーカーによって呼称の違いがありますが、大きく分けて3種類あります。

緑1 閉扉自動施錠機能

MIWAでは「Aモード」といいます。他に「自動施錠モード」ともいいます。
電気錠運用で一番よく使われるモードです。マンション共用入口の「オートロック」とはまさにこの事です。

Aモード説明1
ドアを閉めれば自動で施錠される機能で、基本的に常時施錠状態を保持したい場所にはこの設定となります。セキュリティ重視のモードといえます。
Aモード説明2
↑自動施錠を一時的に解除もできます。




緑2 施解錠繰り返し機能

MIWAでは「Bモード」といいます。他に「交互施解錠モード」ともいいます。
遠隔操作で施解錠したい場合で自動施錠を求めない場合はこのモードにします。
(例:住宅などで鍵を持たずに外に出てしまって閉めだしにならないようにしたい場合)
Bモード説明1Bモード説明2




緑3【1】と【2】を足して2で割ったような(?)機能

MIWAでは「Eモード」といいます。他には「戸建モード」ともいいます。
簡単に説明すると「手動でキーまたはサムターン解錠時は自動施錠しない」機能です。

戸締まり忘れのないように自動施錠にしたいけれど、新聞を取りに出たりした際に締め出しになったら困る場合を想定しています。
Eモード説明1
Eモード説明2
普段は玄関内に設置した押しボタンで解錠して、ドアを閉めれば施錠される使い方で戸締まり忘れがありません。ちょっと開けっ放しにしたいとかで自動施錠が逆に困る場合は、サムターンを回して解錠すればドアが閉まっても自動施錠されません。

文字で説明すると長くなりましたが、大体こんな感じです。


【廃】MIWA TK-001 ランダムテンキーシステム

廃番商品1回線用住宅向け

ランダムテンキーシステムTK-001

使うたびに数字の位置が変わるテンキーです。正しい暗証番号を入力すると、電気錠を解錠します。(Eモードタイプ)

■使うたびに数字の位置が変わるランダムテンキーシステムです。特定の数字の表面だけが変色・摩耗することはありません。

■コントロール部の操作ボタンで、電気錠を遠隔所から制御できます。またランプ表示で施解錠および扉の開閉状態を確認できます。

■制御する電気錠は、ALA、ARA、ANS、AL3M、AFFの5種類です。

■電気錠を直接制御できますので電気錠制御盤等は必要ありません。

■機能は住宅玄関用として最適なEモードです。

■サブコントローラTK-001・SWP型を接続して電気錠を遠隔所から制御し、施解錠および扉の開閉状態が確認できます。サブコントローラは2台接続できます。

TK-001構成図

■登録した暗証番号は必要に応じて変更できます。

■停電時でも暗証番号は消えることはありません。

■間違った暗証番号を4回続けて入力するか、または扉を30秒以上開けたままにすると警報を発します。

■インターホン等の外部入力(無電圧A接点)によって電気錠を制御できます。

■JEM-A端子を備えていますのでHAシステムとの接続が容易にできます。

■市販のスイッチボックスに取付けられます。コントロール部は4個用スイッチボックスカバー付を縦(ビス穴左右)にして、テンキー操作部は2個用スイッチボックス深型を縦(ビス穴左右)にして取付けられます。

(注1)テンキー操作部は直接雨のかからない軒下等に設置して下さい。直接雨のかかる場所には雨よけを設けて下さい。

(注2)コントロール部は屋内仕様なので雨水等の水滴がかからない場所でご使用下さい。



こちらの商品は廃番となっております。
後継機種は「TKU-002」です。

テンキー操作器、コントロール部のいずれかが故障した場合はセットでの取替となります。

※取替の際には別途電気錠制御盤が必要となります。またコントロール部の穴隠しも考慮に入れる必要があります。


問い合わせフォームへ


【廃】MIWA BAN-715S 住宅用2線式電気錠操作盤

廃番商品1回線用住宅向け

 MIWA BAN-715S

電気錠を遠隔所から制御する2線式の住宅用電気錠操作盤です。

■押しボタンで電気錠または電気ストライクを遠隔所から制御し、表示ランプで施解錠および扉の開閉の状態を確認できます。

■BAN-715S型と枠およびBAN-715S型とオプション機器(操作表示器、照明スイッチ、マジカルテンキー等)との配線はすべて2芯で行えます。
(注)電気錠-扉-枠の間の配線は7芯または9芯です。枠を出た直後の線にBAN-715S型に同梱された専用の2線変換アダプタAD715型を接続し、2芯に変換する必要があります。

■電気錠の制御は、A、B、Eの各モードの中からお選びいただけます。

■専用の操作表示器SSP-415型を最大4個まで接続できます。
MIWA SSP-415
■専用の照明スイッチSSP-915型を接続して、施解錠の操作に連動して玄関の照明をON/OFFすることができます。

■マジカルテンキーユニット、リモコンキーユニット、インターホン等を接続して、テンキー、リモコンキー、インターホン等で電気錠を解錠できます。

■火災報知器等の非常信号(無電圧A接点)で電気錠を解錠できます。

■JEM-A端子を備えていますので、HA機器との接続が容易にできます。
(注)JEM-A端子とHA機器との間の配線は4芯です。

■使用する電気錠の判別と設定は自動で行います。

■BAN-715S型は2個用スイッチボックス深型に取付けられます。また、オプション機器のSSP-415型とSSP-915型は1個用スイッチボックス深型に取付けられます。

(注)本製品は屋内仕様なので雨水等の水滴がかからない場所でご使用下さい。

■BAN-715S型による電気錠の使い方
電気錠AモードBモードEモード
ALA,AL3M,AFF,ANS-
AST--




こちらの機器は廃番となっております。
後継機種は「BAN-MS1」です。

2線変換アダプタや操作表示器も廃番ですので、これらのいずれかが故障した場合にはセットで取替が必要となります。



問い合わせフォームへ



工事までの流れ

01_お客様からの問い合わせ.jpg
001.jpg問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。
簡単で結構ですから、どういった建物でどんな扉にどんなことをしたいといったコメントを添えて下さい。

「当HPのココに載ってた感じで・・・」のようなお問い合わせでもOKです。



02_当店からのお客様への質問.jpg002.jpg
ご要望・使用環境・使用人数などを確認致します。

時には現場の画像や図面などを送って頂く事もあります。




03_現場調査&ご要望の確認.jpg
003.jpg 実際に現場の状況や必要な寸法取りを行います。

カタログやサンプルを持参し、事前にお聞きしているご要望に合わせた大まかな仕様をこの段階で固めます。




04_仕様書作成&お見積り作成.jpg
004.jpg現場調査した内容から商品を選定し、お客様のご要望にあわせた仕様書を作成します。

合わせてお見積りも作成し、添付資料も添えてお届けいたします。


05_使用細部の打ち合わせ&最終お見積り.jpg
005.jpg先にお渡しした仕様書をたたき台にして細部の確認・変更を行います。

仕様や数量の変更があった場合は最終お見積りを作成してお届けいたします。



06_正式ご発注.jpg
006.jpgお客様より正式なご発注を頂いてから、必要な商品・部材を手配いたします。

予定納期が出ましたら工事予定日の打合せを行います。



07_施工&引き渡し.jpg
007.jpg施工当日は複数名でお伺いしますが、現場責任者として必ず常駐いたします。「知らない人ばっかり・・・」とご心配かける事はいたしません!

当店によるシステム一式施工の場合、施工完了後にすぐお使い頂けます。


08_ご精算.jpg
008_008.jpgご発注の際に取り決めさせて頂いた期日にお振込み又は集金させていただきます。












1

kaba legicカードリーダー
電気錠.COMへようこそ!


電気錠工事の専門店M.U.トータルアクセス が運営しているWEBサイトです。

既設建物への電気錠システム導入をお考えでしたら是非当店へ! ロックメーカー認定店ならではの商品知識と工事実績!

電気錠改造取付、フロアヒンジ等ドア修理、配線配管工事、一式でも一部でも商品のみでも承ります。

■工事対応エリア■
奈良県/大阪府/京都府/兵庫県/和歌山県/滋賀県/三重県/その他対応可能地域あり!どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


問い合わせフォームへ

会社案内は↓プロフィールをご参照下さい。

selected entries

カテゴリー

archives

プロフィール

リンク集

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM